パナソニックのビストロNE-BS1600を使って料理してみた◎レビューと調理のコツ

パナソニックのビストロNE-BS1600を使って実際いくつかのメニューを実際に作ってみたので、使い方と感想をレビューします。

↓ビストロの詳しい特徴はこちら

あわせて読みたい
オーブンレンジはパナソニックのビストロ1択◎ビストロを選んだ理由とレビュー
オーブンレンジはパナソニックのビストロ1択◎ビストロを選んだ理由とレビューオーブンレンジ、買おうと思ったものの種類がありすぎてどのメーカーのどの製品を選べば良いか悩みますよね。有名所をザッとあげてもPanasonic ビストロSHARP ヘルシオ...
目次

操作方法&ハンバーグ

まず操作方法から。

といっても画像の通り選択していくだけ!

ハンバーグ1つとっても、

  • カデコリーで選ぶ
  • 材料で選ぶ
  • 50音で選ぶ
  • 番号で選ぶ

と選択方法がたくさんありますが、わたしは50音から探す方法が早いです。

ハンバーグだけで8種類もありますが、

ここは一番ベーシックなNo.180のハンバーグで。

人数選択して、

これでスタート!

表示がわかりやすいので従っていくだけです。

ハンバーグの周りに一緒にグリルしたい野菜を並べて、付け合わせも同時に作れます

2人分だと過熱範囲が中央だけになるので、この場合は人数を4人分にします。

仕上がり温度はとりあえず中で設定。それがこちら。

味の感想ですが、おいしい~~~!!!

油を使っていないのにしっかり焼き目がつくし、中にもちゃんと火が通ってました。

付け合わせのじゃがいも・たまねぎもおいしかったのですが、エリンギだけシナシナになりました🤔

カレー

具材を肉→野菜→ルーの順にレシピ通り耐熱ボウルに入れて、

普通のカレー・キーマカレー・和風カレーと3種類ありますが普通のカレーを選択。

(仕上がりのボウルが汚くてすみません…)

直径25cmの耐熱ガラス製ボウルは色んな料理で使うので、絶対に1つ買うべきアイテムです。ABC料理教室で貰った物を上では使用していますが、耐熱ガラスはiwaki製品がお気に入りです。

レンジがチンとなったらお玉でボウルの中をかき混ぜます。すると固まってるルーがいい感じに溶けて写真の通りちゃんとカレーになります。

カツもグリル皿で作れるので、完成したカレーに盛り付けました。

このカツもノンオイルなのに美味しそうに焦げ目がつきました。

こちらもおいしかった!

人参だけ少し固いかな?と思いましたが、

仕上がり温度「強」にするか、人参をを小さくカットしたら大丈夫です。

肉・野菜を炒める→煮込む→ルーを割り入れる→再度煮込む

この作業が全部なくなります。鍋で作ると地味に手順が多いカレーですが、めちゃくちゃ簡単でした。

チルド餃子

私が1番気に入ってるのがチルド餃子です!

餃子の耳を少し水にくぐらせてからグリル皿に並べて、「チルド餃子」を選択。

油は一切使いません。

焼き目、すごくないですか?

もう一度言いますが、油を一切使っていません。

餃子は仕上がり温度「強」がおすすめです。

皮もパリっとしてるし、ジューシー!感動しました。

2段同時調理機能で焼きおにぎり&豚汁

今度は2段調理機能を使いました。

こんな感じで、違う料理を上下段に分けて作れます。

今まで同様、豚汁はボウルに具材を入れ下段へ

焼きおにぎりはおにぎりにタレを塗ってグリル皿に並べて上段へ

豚汁は問題なかったのですが、焼きおにぎりだけ焼き目がいまいち付きませんでした。「少し表面が焼かれた味付きおにぎり」といった感じでしょうか。

後日、仕上がりを「強」に選択して作ったら、いい感じに表面が焼かれました!

味は美味しかったです♡

ゆで卵

ゆで卵は水を給水タンクに入れる→グリル皿に生卵を並べるだけなので説明不要です。

そして断面図がこちら

なぜか黄身が真ん中に来てる!

しかも半熟過ぎず固すぎずちょうど良いバランス!

鍋だと時々かき混ぜますよね?あの作業はなんだったのか…

殻も普通にツルンと剥けました。

さいごに

オーブンレンジを買ってから、フライパンを使う回数がめっきり減りました。

基本はビストロに任せて、みそ汁を同時に小さい鍋で作る位です。

最近は外食の回数もかなり減って自炊する事が多くなりましたが、以前よりも日々のご飯づくりを億劫に感じることがなくなりました。

高い買い物だったけど思い切って買って良かったです!

ここまでお読みいただきありがとうございました💛

\ランキング参加中/
クリックしてくださるととっても嬉しいです♡
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

コメントする

目次
閉じる